GW終盤戦

Category : みかん日記

「求めよ。さらば与えられん」

 

おかげさまで、GWは忙しくさせていただいています。

本当に有難いです。そして、宿は面白い。

僕は旅があまり好きではありませんが、みかんに色んな人が来てくれます。

日本各地・中国・シンガポール・台湾。

 

こんなにちっぽけで変哲もない宿でも、これだけの人が来てくれています。

Booking.comさまさまです、ほんとに。。。

 

 

他人の助けを借りないと、他人の有難さが分かりません。

好きな人には、条件なしに優しさを与えることができます。

 

お客様には、思いやって当たり前。その当たり前の行為に「ありがとう」って言ってもらえる。

むしろ、こっちが「ありがとう」な訳で、その相乗効果たるものや。

「ありがとう」の連鎖は、無限に広がっていきます。

 

それは逆も然りですから、「嫌い」の連鎖も無限に広がります。

長く続く人間関係って、結局関係性に依るところが大きい気がします。

利害関係がないこと。上下関係がないこと。

 

お金の貸し借りをしてしまうと、利害関係が生じてしまいます。

他人を下に見たり、上に見たりしてしまうと、精神的な上下関係が生じてしまいます。

 

そうなると、妬んだり、見下したりと、永続的な関係では居られなくなります。

それのために必要なのは、適切な距離感ではないでしょうか。

 

いつまでも仲が良いのは、気が合うことは前提として、適切な距離感を保てているからだと思います。

 

その点、仕事上ではその距離感を保つのは、難しいかもしれません。

適切な距離感で居られれば、永続的な関係で居続けられたかもしれないのに、上司と部下になってしまった。夫婦になってしまった。親子になってしまった。

大抵の問題は、近すぎることが原因のようです。

 

距離が近すぎると、期待を持ってしまいます。

「もっとこうして欲しい。」

「こうしてあげてる(あげた)のに。」

期待が生じると、ある種の利害関係が生まれます。

そうなると、認め合うべき個性が認められなくなっていきます。

 

・・・何の話をしてたっけ。

 

そう、GWも終わりに近づいてきました。

宿を始めたおかげで、たくさんの人と接することができました。

大変なこともあるし、これからももっとあることでしょう。

 

でも、思い返してみると、こんなに「ありがとう」って言ってもらったことなんて、なかったかもしれない。

やっぱり感謝してもらえると、純粋に嬉しい。

頂いた対価以上に、感謝してもらえれば、僕の勝利。

 

感謝しあえる関係性が、最も健全な関係性なのかもしれませんね。

皆さん、本当にありがとうございます。

 

・・・眠い。寝ます。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください