ソーラーパネルとはなんぞや??

Category : 小豆知識

ソーラーパネルとは、太陽電池の集合体です。太陽電池とは、太陽で発電する電池です。

この発電方式の最大のメリットは、電池交換や、給電線が不要なことではないでしょうか。身近なところですと、電卓や家庭の屋根に設置されていますね。太陽電池と呼ばれていますが、一般的な電池のように電力を蓄える能力を有しません。

しかし、家庭用に設置したとしてもおおかたのコストは回収できます。加えて自然にも優しいということで、新築する場合は、ほとんどの方が一度は検討するようです。実際、利益を得るのは難しいですし、投資としては利回りがさほど良いわけではありません。つまり、検討されるの方の大半は、環境の為と考えている方が多いかと思います。

天候不順が続くと供給ができなくなることがリスクでしょうか。変換効率としては、10%に満たないようですが、だからこそ恩恵を受ける人が増える事もあります。設置工事を請ける事業者や、製造、管理を行う事業者などが増えます。

国としても積極的に設置を促しています。補助金やコストの削減が随時進められているようです。その結果、設置費用がかなり安くなっていて、リスクも低減されました。設置費用や電力の料金の推移を鑑みて、長期的に資金回収する必要があります。

しかし、電力業界は様々な利権が絡み、政策に依存している分野だと思いますので、それが最大のリスクではないかと思います。

 

FIT制度

たとえば、2012年に施行された「FIT制度」。簡単に言うと、過剰に生産された電力を、電力会社が一定期間に渡り一律金額での買取義務が生じる制度です。

その金額によって、投資としての利回り率に影響してきます。2012年では、住宅用で買取価格(売電価格)が42円だったのが、2016年には32円にまで低下しています。主に供給量を調整する目的の金額設定だと思います。この推移で行くと、これからも減少を続けるでしょう。

普及させるために施行したFIT制度でしたが、政府が予想を超える数のソーラーパネルが設置されていきました。

それによる弊害が出てきます。供給量が増えた電力の買取義務がある電力会社の負担が膨らんでいきます。2012年の総買取金額は2500億円だったのが、2016年には2兆3000億円と10倍にもなっています。その結果、しわ寄せが一般の消費者に来ます。生産する側と消費する側の格差が拡大していきます。

それを受け、政府は2017年4月にFIT制度を改正しました。主な目的は、買取金額の引き下げと向こう数年にわたる買取金額の設定によって、供給量を抑える事です。2020年頃には、市場価格とほほ同じ水準になります。

基本的に、余剰電力は売電させない方向で考えているようです。今後は、蓄電して自家消費にあてる必要があるようです。

まだまだ課題が残る分野ですが、最後に住宅用におけるソーラーパネルのメリットとデメリットをまとめます。

 

メリット

・電気代がかからない

・余剰電力を売電できる→コスト回収ができる→実質電気代が無料になる

・保証が充実→故障などによるリスクがほぼない

 

デメリット

・買取金額の低下のリスク→市場価格割れする可能性がある→赤字

・天候不順に影響される

・外観を損ねる可能性がある

 

先ほども述べましたが、一番のリスクは政策です。全体的な推移や政府の意図を把握し、制度や金額などを十分に鑑みて、設置する必要がありますね。


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください